賃貸マンションの駐輪場には所有者のいない自転車が放置されていたが、許可無く撤去できないので別の場所に移動した。

賃貸を借りる時の契約書の見方
賃貸を借りる時の契約書の見方

賃貸マンションの駐輪場にある所有者のいない自転車

賃貸マンションや賃貸アパートには入居者専用の駐車スペースを別に入居者達が共同で使える駐輪場も設置されていますが、共同で使うスペースなので使い方にはある程度の配慮が必要となります。私が以前住んでいた賃貸マンションにも駐輪場があったのですが、そんなに広いスペースではありませんでした。小さな子供がいる家庭が多かったので、子供用の自転車を置くと駐輪場が一杯になってしまっていました。

ただでさえ狭い駐輪場なのに、使われていない自転車などもあり余計に使えるスペースが狭くなっていました。所有者のいない自転車はどうやら以前住んでいた入居者が引っ越しの際に置いていってしまった物で、年数もかなり経っていてタイヤもパンクしてしまい、とても乗れるような状態ではない物ばかりでした。自転車を引っ越し先に運ぶとなると結構な金額がかかってしまうため、費用をうかせるために置いていく人は多いようです。

少しでも駐輪場のスペースを広くしてもらえるように大家さんに所有者のいない自転車の撤去を相談したのですが、承諾も無く勝手に撤去はできないと断られてしまいました。撤去してもらうのは諦めたのですが、所有者のいない自転車はマンション脇の邪魔にならない場所に移動して駐輪場を広く使えるようにしました。移動した自転車は4台あったのですが、それを移動しただけでも駐輪場が広く使えるようになりゆったりと自転車を置けるようになりました。

■注目の情報