賃貸で一般的に賃借人は1か月以上前に事前に退去の連絡を入れることが必要になり、残置物がないことを確認する

賃貸を借りる時の契約書の見方
賃貸を借りる時の契約書の見方

賃貸で退去の連絡を入れる

賃貸募集は近隣の不動産仲介業者に募集を依頼しますが、物件の間取り図や概要書や物件の鍵などを持って行き、担当者と賃料などの条件を話合いします。そして賃借人から直接家賃の振込みを受けますが、基本的に来月分の家賃を当月末までに振込してもらいます。そして賃借人は管理会社や部屋賃を振込して、手数料と振込手数料を引いた金額が大家さんへ支払われます。そして、クレームや家賃滞納などの処理は管理会社がやることになり、受取家賃は若干下がって、入金日も遅れることになります。

そして、基本的に業者さんに発注する形になり、タウンページやネットで調べて見ることが基本で、あらかじめ業者リストを作ってみるといいでしょう。そして費用は場合によっては入居者が負担するケースもありますが、基本的に大家さんが負担します。そして一般的に賃借人は1か月以上前に事前に退去の連絡を入れる必要があり、退去後は室内で入居者がきずをつけたり、壊したりした部分がないかを調べて、残置物がないことを確認します。そして入居者負担で修理するところは業者さんに見積もりを取って敷金から費用を差し引き入居者に返還することになりますから、よく覚えておきましょう。