賃貸で所有に値すると判断した物件は是非買付を入れてみることがおすすめで、買付証明書を提出して行う

賃貸を借りる時の契約書の見方
賃貸を借りる時の契約書の見方

賃貸で買付が大事になる

不動産賃貸業がありますが、価格交渉は業者の買取り金額より高い金額の範囲内でしていきますが、業者の買取り金額と同じ金額であれば売主や仲介業者としてはトラブルが少なく、取引数をこなして慣れているような業者さんに売る方がメリットが大きいです。そして交渉価格は売値の5〜10%程度が目安で、ほぼ業者の買取り価格で販売されている物件なら指値がほぼきかないこともあり、また高めに売り出されている物件や取引流動性が低い地方の物件なら、それ以上の金額で指値できる可能性もあります。そして、所有に値すると判断した物件は是非買い付けを入れてください。

買付には買付証明書といわれている書面を提出して行っていき、法的には売買契約の成立に向けた交渉を申し込むぐらいの意味合いで、買付証明書を入れたからといってかならず購入しなければならないことではなく、特に問題がないにもかかわらず、買付証明を手一家すると、以後買い付け照明を優先してもらえなくなりますから、注意しましょう。そして、取引は契約と決済に別れ、現金での購入なら両方を同時にしていくこともあります。そして不動産を売買するために現金を用意したり、登記を移転させたり、重要事項説明書をつくって見たり、それなりに手間がかかります。

■注目の情報