賃貸で物件の売り出し価格そのままで勝手問題ないほど安いものはほとんどなく、売り主と交渉することが多い

賃貸を借りる時の契約書の見方
賃貸を借りる時の契約書の見方

賃貸で売主と交渉をする

頭金は多いほどメリットがあり、住宅ローンの支払が軽減される、将来売約するなどの場合にもスムーズに運びやすいなど購入することによるリスクを軽減する効果があるでしょう。ですが、賃貸住宅に住んで賃料が高いなどの時はまとまった頭金を準備するといったことは難しいことが現実で、頭金ができるまで数年末か、頭金が十分ではなくても早めに購入してもいいかも迷いどころで、住宅ローンの返済期間は長いほうが無理なく返済できて、将来的に購入することを決めていれば、賃料を払う期間が長くなるほど、生涯の住宅費総額が増えてきます。こうしたことから頭金がなくても早く購入するといったことも言ってです。

ですがあくまで無理ない借入金の範囲内で予算を決めることが大事で、諸費用分まで借入してしまうリスクも高くなり、購入した後の生活予備資金も必要ですから、頭金を準備できなくても手最低限こうした資金の準備はしていきましょう。そして、不動産賃貸業は自分で事業計画をコントロールできるといったメリットがあり、これはほかの事業とも共通する面があります。そして、物件の売り出し価格そのままで勝手も問題ないほど安い物件はほとんどないですから、基本的に売主と交渉することが多いでしょう交渉する点には取引価格などがありますが、電卓をたたき、もう40万円安ければ買い等と判断するときは、仲介業者を通し交渉していきます。

■注目の情報