賃貸物件の一階にはあまり住みたいという人がいないので、コンビニなどの店舗が入っている物件も多いです。

賃貸を借りる時の契約書の見方
賃貸を借りる時の契約書の見方

賃貸物件の一階のテナント

賃貸物件の一階はあまり住みたいという人がいません。エレベーターを待つ必要もなく、階段も使わないでいいのでとても便利ですが、どうしてもセキュリティーが心配です。道路側にベランダが面していたら、ベランダに洗濯物を干したときに道路から丸見えになってしまいます。そして、昼間でも外から見えてしまうので外から見えないようにカーテンを閉めておかなければいけません。他にも、女性が一人で暮らしていると、一階は進入が簡単にできるので怖いです。そのため、二階以上の部屋を選ぶ人が多いです。そのため、マンションの一階部分には店舗が入っているところも多いです。

飲食店や、本屋、ドラッグストアなどいろいろあります。店舗の中でも一階に入って欲しいものとして、コンビニが人気です。コンビニは全国各地にたくさんあります。その中のほとんどが24時間営業をしているため、夜中でも、早朝でも買いに行くことができます。夜中にちょっと小腹が空いたりしたときに利用することもあります。しかし、コンビニが少し遠いと行くのが面倒になってしまいます。そんな時に、賃貸マンションの一階にコンビニがあったらとても便利です。食品から日用品まであるので、つい買い忘れたときなどに利用することができます。しかし、つい買いすぎてしまうというデメリットもあります。

■注目の情報