賃貸の入居者募集の流れはどのようになっているのでしょうか。募集の形態から礼金敷金などの条件など

賃貸を借りる時の契約書の見方
賃貸を借りる時の契約書の見方

賃貸の入居者募集について

賃貸の入居者募集の流れはどのようになっているのでしょうか。まず、大家さんから募集の依頼を受けます。すでに退去している部屋もありますし、まだ入居中の部屋もあります。部屋が空く前に募集を始めることもあります。前回の募集条件と同じで募集することもありますが、条件を変更することもあります。入居の時期が引越しシーズンにあたれば良いのですが、部屋探しをする人が少ない時期であれば条件を下げて募集することもあります。

条件には物件によっても違います。新しくきれいで条件のよい物件であれば礼金や敷金も多くても決まるかもしれませんが、古い物件でしたら礼金をなくしたり敷金を減らす必要もあります。また、家賃も値下げして募集した方が早く決まるという判断があれば家賃を低めに募集をします。家賃の交渉があることを想定し少し高めに設定しここまでは下げられるという幅を持たせることもあります。家賃などの条件を打合せをし大家さんの承諾を得られれば募集を始めます。

募集はインターネットに掲載したり広告を出したりします。ネットでは特に写真の掲載を多くした方が反響も多いことから外観や室内の写真を取り直して多く撮影します。自分の会社で決められそうにない地域などの物件であれば、その地域を得意とする不動産会社にも募集のお知らせをします。