日本人は一戸建ての住宅を持つことを理想としてきましたが、空き家が増えている今日賃貸住宅を活用すべきです。

賃貸を借りる時の契約書の見方
賃貸を借りる時の契約書の見方

賃貸住宅を活用する時代

国土交通省の調査によれば、日本人のほぼ8割が、自宅として土地と建物両方を所有したいと考えているそうです。ところが、現時点で住宅を所有していない賃貸住宅に住んでいる人だけで見ると、持ち家を希望する人は6割程度に下がるといいます。そして残りの人々は、今後も賃貸で構わないとしています。持家がよいか、賃貸でよいかは、その人のライフスタイルや価値観にもよるでしょう。しかし、少し前の人々が多かれ少なかれ、一生に一度は自分の家を持つのが人生の大きな目標であったことを考えると、現在の若者は、最初から家を持ちたがらない、或は持つことを諦めていると見ることもできます。

こうした傾向には様々な理由があるでしょうが、近年全国的に地震を始めとする災害が増えたこと、そしてもしそうなった場合の損害を考えた時、家を持つことに疑問を持つのは当然のことと言えるでしょう。またそれ以前に、長年の不況により、家を持つことの負担に耐えられない事も大きな原因として考えられます。そんな中、全国で空き家が増えていることが報告されています。核家族化による、高齢者の独居や、家族が離れていることなどが原因で、長らく放置された戸建は、各地方のあちこちで見られるのです。こうした状況を踏まえ、空き家を賃貸住宅にして、子供のいる若い夫婦が優先して使えるなどの法整備をするなどの措置が望まれます。そうすれば、長い目で見れば、若年層も将来的に家を持てるようになるのではないでしょうか。

■注目の情報