通常賃貸住宅を選ぶ時には実際に物件の中を見学する事ができますが見学できない時もありその時は選ばない事です。

賃貸を借りる時の契約書の見方
賃貸を借りる時の契約書の見方

見学ができない賃貸住宅は選ばない事も大事

通常賃貸物件を不動産屋で選んで行く時には、実際に物件を不動産屋の担当の人の案内で見学する事ができます。見学する事によって、実際どのような部屋なのかも把握できますし、物件の資料や写真だけでは把握できない所も把握する事ができますので、物件選びでは重要な項目です。しかし、賃貸物件によっては見学できない時もあります。例えば空いている部屋が今はリフォーム中で工事中だったり、まだどこの部屋も人が住んでいて近く退去する世帯はあるけど、まだ退去できていないという場合もあります。また、そのほかの事情で見学できない場合もあります。そういう時は、なるべくそのような物件を選ばないという事が大事です。見学をしないで選ぶのはリスクが高いからです。

物件の写真は大概綺麗に撮られていますので、実際にその写真と違う事もあります。つまり物件の写真が綺麗で見学しないで住んだとしたら、場合によってはその写真通りではなくて、ちょっと部屋の中が古かったりする事もあります。そういったリスクもありますので、見学ができないのであれば、他の物件を探していくようにします。近いうちに見学ができて、それまで待てるのであれば待つ事も大事ですけど、どうしても今探したいのなら他の物件を検討していきます。

■注目の情報